2017年03月10日

花粉症治療 リノール酸低減式花粉症対策 伊藤龍一 抗体から体質改善

 抗体が大きく関わっている花粉症を治すには?
伊藤龍一さんのリノール酸低減式花粉症対策は、アレルギーを起こしやすい人でも
根本から体質改善することで、完治させることが期待出来る実績のある治療法です。

kafun88.JPG


>>「リノール酸低減式花粉症対策の詳細を見てみる



花粉症を引き起こすアレルギーに大きく関わってくるのが抗体ですね。
そもそも体の免疫システムの中で、人体にとっての異物に当たる物質が抗原(アレルゲン)、その
侵入に備えて体で作られるのが抗体です。


花粉症なら、抗原に当たるのが花粉であり、それに対抗する体で作られるのが抗体になります。
そして、花粉症を引き起こすアレルギーは、本来なら人体の異物の侵入から守るための免疫
システムが、何らかの原因で異常に反応しまったことによるものです。


では、アレルゲンが体内に侵入した時に迎え撃つ抗体とはどのようなものでしょうか?
それは免疫グロブリン(Ig)と呼ばれるタンパク質です。
これには5種類あるのですが、花粉症やアトピー性皮膚炎、喘息などの症状に関わりを持っのが
IgEと呼ばれるものです。


このIgEは、全ての人の血液の中に微量ある物質です。
ところがその量には個人差があり、中には先天的に普通の人の数倍から数百倍持っている人も
いて、そのような血液中にもともと多い人はアレルギー反応を起こしやすい体質と言えるのです。


このことがアレルギーが遺伝的体質と関わりが大きいといわれる所以です。
また、、アレルギーを疑って病院に行くと血液検査されるのは、血液中のIgEの量が多いかどうか
調べるわけです。


そして、血液中の平均は、正常な人では1ml中に0.33ナノグラム、アトピーの方で1.6ナノグラム
もあるんですね。


ですが、細胞から原因となる物質を減らせば、花粉に敏感に反応してしてしまう体質を改善
することが出来るのです。


花粉に敏感になる根本原因を分子レベル・細胞レベルで正しく理解し、 きちんとしたメカニズムに
基づいたこの伊藤龍一さんのリノール酸低減式花粉症対策の治療を行うことで、 実際に花粉症の
症状が一切でなくなった人が大勢いらっしゃいます。



もちろん、効果には個人差があるでしょうが、2年間100%返金保証もあるので、一度試して
みても損はないでしょう。

「リノール酸低減式花粉症対策の詳細を見てみる


posted by kafunsyoutaisaku45 at 12:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月19日

花粉症治療 リノール酸低減式花粉症対策 伊藤龍一 αーリノレン酸で体質改善

 αーリノレンが酸体質を改善する!?
伊藤龍一さんのリノール酸低減式花粉症対策は、づ団の食生活からリノール酸を減らし、
体質改善をするという多くの人が実際に治った治療方法です。

kafun86.JPG

>>リノール酸低減式花粉症対策の詳細を見てみる



日本人の食事はリノール酸を過剰摂取しているのをご存じですか?
ある調査によると、40〜50年ほど前の日本人が摂取していたリノール酸の量は、1日平均で
6g程度だったそうです。


ところが食生活の欧米化に伴って、現在では以前の倍以上の14g程度までリノール酸の摂取量が
増えているのです。
実際に私たちの身の回りにはリノール酸が溢れていますね。


コーン油や紅花油、マーガリンはもちろんのこと、鶏卵、マヨネーズ、ドレッシング、スナック菓子
などには豊富に含まれており、あなたのご家庭で、食卓にこれらの食品が使われない日というのは、
1か月でどのくらいあるのでしょう。


このようにリノール酸は、植物油、動物性食品、穀類などに多く含まれており、必須脂肪酸とは言え、
普通に洋食中心の食事をしているだけで必要量に達してしまうのです。


ですが、同じ必須脂肪酸でも、αーリノレン酸はアレルギー体質の改善に効果があることが分かって
きました。
αーリノレン酸と聞いてもピンとこないという人も多いかもしれませんね。


これは必要に応じて体内でDHAやEPAに変換され、血流改善などにも効果が認められている物質
です。
シソ油や野菜などに多く含まれ、αーリノレン酸のDHAやEPAは魚介類、海藻類などに多く含まれて
います。


そして、これらの条件を満たす食事と言えば、和食です。
主食に米、副食として、主菜に魚介類や大豆などの豆類、、副菜には、緑黄色野菜や根菜類、海藻類、
キノコ類など、和食を中心にしていくと、リノール酸の摂取を最小限に抑えることが出来ます。


更に、αーリノレン酸を効率よく摂取することが出来るんですね。
いずれにしても、リノール酸を減らし、αーリノレン酸を多く摂ることこそが花粉症などのアレルギーを
抑制することになるのです。


花粉症に効くある栄養素とは?

リノール酸低減式花粉症対策の詳細を見てみる




2016年05月07日

花粉症治療 リノール酸低減式花粉症対策 伊藤龍一 鼻づまりの原因から解消

 花粉に反応しやすい鼻粘膜の構造とは?
伊藤龍一さんのリノール酸低減式花粉症対策は、辛い症状のひとつである鼻づまりの原因物質
である、ヒスタミン、ロイコトリエンなどの原因物質を徹底的に体の中から減らすことで、
短期間で根本から鼻づまりを解消することが期待出来ます。
kafunsyou03.JPG

>>リノール酸低減式花粉症対策の詳細を見てみる



花粉症の辛い症状の鼻づまりは、鼻水やくしゃみとは少し違ったメカニズムで引き起こされるのを
ご存じですか?


そもそも、花粉症の鼻水やくしゃみが鼻粘膜の三叉神経がヒスタミンなどの痒み物質によって引き
起こされるのに対し、鼻づまりは粘膜のむくみと毛細血管の拡張が原因で起こるのです。


鼻粘膜は毛細血管が集中した構造になっており、花粉の刺激で放出されるヒスタミン、ロイコトリエン
などの化学物質(痒み物質)が毛細血管内皮細胞に結合すると毛細血管が拡張し、血管壁から血液中に
液体成分が漏れやすくなるんですね。


それにより血管の血液量が増え、血管壁から多量の液体成分が漏れ出すことで、その周辺の鼻粘膜が
むくみ、鼻づまりが起きるのです。


特に、子供の花粉症(鼻アレルギー)は、鼻づまりの症状が中心でくしゃみや鼻水は少ないのですが、
このような鼻粘膜の構造によって、子供と大人の違いとなって現れるのです。


一方、鼻水やくしゃみ鼻粘膜の知覚神経である三叉神経への刺激が、神経を経て脳に伝わり、神経中枢を
介して鼻粘膜や呼吸器の組織に伝わって起こる反応なのです。
ですが、小さなお子さんの場合は、神経中枢の経路が十分に発達していないことから、アレルゲンの刺激を
受けても鼻水やくしゃみの症状は起きにくいのです。


このように大人の子供では症状の違いがあることから、特に幼児の鼻アレルギーはは診断が難しく、単なる
鼻づまると診断されることもあります。


更に、小さい子供は、自覚症状を上手く伝えることが出来ないで見過ごされることも少なくありません。
その為、鼻をこする癖があったり、鼻づまりの為に口呼吸したりすることが多いようなら、花粉症などの
鼻アレルギーの可能性が高いので、親御さんが気づいてあげることが大切です。


特に日中に吸い込んだ花粉が鼻の中に残っていて、夜中に酷い鼻づまりの症状が起きやすいことから、
眠れず、睡眠不足になることが多いものです。
それにより、思考力や集中力の低下してしまいます。これでは仕事も勉強(受験)、恋愛もお先真っ暗ですね。


何でもそうですが、原因を知らなければ解消することは出来ませんね。
「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」ということわざもあるように、花粉症の本能を知り、対抗手段
を知れば花粉症に勝つことが出来るのです。



絶望する前に、リスクなく出来る伊藤龍一さんのリノール酸低減式花粉症対策を実践して、鼻づまりなどの
症状を解消して、快適な春をとり戻して下さい。

リノール酸低減式花粉症対策の詳細を見てみる




2016年03月29日

花粉症治療 リノール酸低減式花粉症対策 伊藤龍一 減感作療法との比較

 花粉症が短期間で完治した人達、その秘密は体質改善にあり
伊藤龍一さんのリノール酸低減式花粉症対策と、病院で行われる最も根本療法と近いと言われる
減感作療法と比較してみました。

kafunsyou220.JPG

>>リノール酸低減式花粉症対策の詳細を見てみる



花粉症の減感作療法をご存じですか?
薬による様々な治療法を試したり、生活上の注意点を守っても、辛い症状が軽くならないという
重症な人も少なくありませんね。


病院等の医療機関で花粉症を根本から治す治療は殆どありませんが、唯一根本療法に最も近いと
いえるのが減感作療法と言われています。


この治療法はご存じの方もいらっしゃるでしょうが、アレルゲンをごく少量ずつ、長期間の間に
分けて注射して体に入れ、アレルゲンに対して体を慣れさせ過敏に反応しないようにする治療法です。
注射を少なくとも2〜3年以上続けると、治療を止めても長期にわたって効果が持続することが
あります。


ただ、減感作療法は、長期間にわたって継続することが必要で、根気よく通院しなければいけません。
また、効果が現れるまで数年間は少なくともかかり、その間は定期的に病院に通わなければならない
ことから、時間に余裕がある人に限られてしまうでしょう。


更に、花粉症の場合は、最低でも次のシーズンの半年前から治療はじめて、2年目、3年目には、
薬の濃度や注射の間隔を変えながら治療を続けなければいけないんですね。
しかも、これだけ根気良くお金をかけて治療をしても、スギでの花粉症の効果が見られるのは
50%前後とも言われているのです。


また、花粉症の減感作療法が出来るのは、主にスギやブタクサなどの限定された花粉に限られている
のです。
それに比べて、この伊藤龍一さんのリノール酸低減式花粉症対策は、早ければ効果を1か月程度で
効果が実感でき、季節を問わずどの花粉症においても改善が期待出来ます。


更に、妊娠さんや幼児、ご高齢の方でも体に負担を掛けることなく治療に取り組めるところが、減感
作療法と比較しての一番の良い点でしょう。
もちろん、花粉症になる原因や体質などには、個人差があるので、全ての人に効果があるとは断言でき
ませんが、その為にリノール酸低減式花粉症対策には返金保証があるのです。、


いずれにしても、体質を改善することこそが、花粉症を根本から改善するうえで一番の近道であり、
得はあっても損することはまずないでしょう。


リノール酸低減式花粉症対策の詳細を見てみる




2016年02月23日

花粉症治療 リノール酸低減式花粉症対策 伊藤龍一 なりやすい体質が原因

 花粉症になりやすい体質を改善しよう!
伊藤龍一さんのリノール酸低減式花粉症対策は、原因から根本的にに体質を改善することで、
これからの人生を快適に過ごせるようになります。

kafun86.JPG

>>リノール酸低減式花粉症対策の詳細を見てみる



花粉症の本当の原因は何でしょうか?
私は以前から不思議に思っていたのですが、花粉は以前から存在していたのに、花粉症はほんの
40年くらい前頃から症状を訴える人が増えてきました。


この頃の昭和30年代から40年代というのは、食生活が大きく変化した時期でもあり、これに
ともなって花粉症などのアレルギー疾患が増加しはじめているのです。


そして、食生活の問題点としては、食生活が欧米化し、パンや肉類、油脂類を多く食べるように、
なったことや、精製食品の増加によるビタミンン、ミネラルの摂取量の減少、食品添加物などの
化学物質など増加があるでしょう。


実際に、甘い物や肉類、乳製品などの高カロリーや高タンパクの脂っこい食べ物を摂りすぎている
人に多くみられ、結果、花粉症を引き起こすような体質が多くなってきていると考えられるのです。



また、花粉症の原因と言われるスギの花粉の量はあまり増えていない現在でも、花粉症で悩んで
いる人がどんどん増えているということからも、いわゆる豊かな食生活が、花粉症などのアトピーの
増加に関係しているのは間違いないのではないでしょうか。


現在のところ病院などの西洋医学には花粉症を根本から本当に治す治療は、ほとんどなく、単に
症状を抑えている対症療法にすぎません。


その為、いくら薬などを使っても、食事などから体質を少しでも改善する努力をしていかないと、
将来までずっと花粉症に悩まされたり、もっと症状が酷くなってしまことが十分に考えられます。


更には、酷くなった花粉症を抑える為に、より強い薬などを用いると、今度は薬の副作用なども
心配になってきますよね。


もちろん、病院などの西洋医学を否定しているわけではなく、抗アレルギー剤やステロイドなどは
確かに症状を抑えて、花粉症の季節を快適に過ごさせてはくれます。


ただ、考えてほしいのは、その治療と並行してでも良いので、花粉症になってしまった自分の体質を
少しでも改善する努力をしてみることが大切でしょう。

安心の1年間の全額返金保証付き!

リノール酸低減式花粉症対策の詳細を見てみる




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。